どんな保障内容が必要か


自分が加入している保険の内容を掴んだら、今の状況でどのような保険内容、保障内容が理想的なのかを考えてみます。
ご結婚されていてお子さんがいないという場合、配偶者の方がどのくらいの年収であるか、これが契約内容にかかわってきます。パートなどでそれほど収入がない場合には、遺族となってから生活に不安がないような保険契約が必要ですし、逆に正社員で生活していく上のお金は得られるという事なら、葬式の費用、当面の生活費があれば、医療分野の保障をしっかりしている保険で十分です。

お子さんがいる場合、教育費用や生活費などを考えなくてはならないので、配偶者が働いている場合と働いていない場合に、プラス教育費用と生活費を考えておく必要があります。子育てが終了し、お子さんが別所帯を持ち、夫婦二人の生活となっているのなら、医療保障がメイン、葬式の費用が出せる位の生命保険でいいでしょう。

この様にライフステージごとに保障内容も変わっていくものです。みなさん保険は掛けたままという方が多いのですが、損をしていることも多いです。他社との保険比較も含めて、現段階の生活の中でどのような保障が必要なのかを考え、しっかりと生命保険の見直しを行う必要があるのです。

自分が加入している保険を見直して


生命保険の保険料は月々で支払っている人が多いので、最終的にどのくらいの金額を収めるのか理解されていない方も少なくありません。
例えば月15,000円なら年間で180,000円、10年で1,800,000円、20年で3,600,000円です。これが貯蓄なら、この費用がたまっているという事になるのですから、非常に「高い買い物」だという事を理解しておくべきです。

非常に高いお買い物となっている生命保険ですから、実際、どのような契約内容、保障内容になっているか把握されているかというと、案外把握されていません。これまで一度も見直しされていない方は、必要ない特約があったり、こんなに死亡保険金は必要ないと思う場合もあります。

特に男性は、就職する際に親御さんからすすめられたり、知り合いの方の保険に加入されることが多いので、中身をほとんど把握していないという方が多いです。
必要ない特約、年齢の割に高くかけられた死亡保障など、実はカットできるものが多いのです。

自分の保険の内容を把握していないと、使えると思っていた保障が本契約にも特約にも入っていなかったという事もないとはいえません。これでは万が一の時に活用できる保険とならないのです。
生命保険の保険料を安くしたい、各社の比較を見たいという前に、今の生命保険の内容をしっかり確認する事から始めましょう。

生命保険は残したい


経済状態がいい時は、生命保険など、備えをしっかりしておくべきと考える方がほとんどです。
保険料を払う余裕があれば、やはり将来困ったことにならないように、生命保険や医療保険をしっかりしておこうと考えるのが普通です。でも、経済状態が悪く月々の生活費がマイナスになるという状態になると、生命保険など保険料が大きく家計に響くため、解約したい、保険料が安くならないかと考えるでしょう。

バブルからしばらく日本の景気は落ちていく一方で、ご主人のリストラで生活が一変してしまった方も少なくありませんし、ボーナスカットで住宅ローンの支払いが出来なくなってしまったご家庭、また生活費、教育費用を捻出する事が出来ず、結局消費者記入に手をだし、債務整理が必要なほどに追い込まれた方などが非常に多くなりました。

こういった状態になると、真っ先に削ろうと思うのが生命保険や、医療保険、つまり、今絶対的に必要を感じない費用です。
でもここはちょっとこらえることが必要です。保険見直しを行って安い保険料の保険に組み直しを行うか、また保険会社を比較検討し、同じくらいの条件で出来る限り安い生命保険に切り替えるなどの策をしっかり講じましょう。

生命保険や医療保険は、万が一の事があった時に大きな働きをしてくれるものです。家族を守り、生活を守ってくれます。
ご主人が急にお亡くなりになっても、保険に入っていれば、住宅ローンが免除になり教育費用なども賄えます。ご家族はご主人がいなくなった悲しみがあっても、その先の生活の心配をすることはないのです。

当サイトは今、保険料の支払いがきつい、もっと安くならないかと考える方に、生命保険会社の比較検討によって保険料を下げる方法もある事を紹介します。当サイトが皆様の家計によりよい情報となれば幸いです。