どんな保障内容が必要か


自分が加入している保険の内容を掴んだら、今の状況でどのような保険内容、保障内容が理想的なのかを考えてみます。
ご結婚されていてお子さんがいないという場合、配偶者の方がどのくらいの年収であるか、これが契約内容にかかわってきます。パートなどでそれほど収入がない場合には、遺族となってから生活に不安がないような保険契約が必要ですし、逆に正社員で生活していく上のお金は得られるという事なら、葬式の費用、当面の生活費があれば、医療分野の保障をしっかりしている保険で十分です。

お子さんがいる場合、教育費用や生活費などを考えなくてはならないので、配偶者が働いている場合と働いていない場合に、プラス教育費用と生活費を考えておく必要があります。子育てが終了し、お子さんが別所帯を持ち、夫婦二人の生活となっているのなら、医療保障がメイン、葬式の費用が出せる位の生命保険でいいでしょう。

この様にライフステージごとに保障内容も変わっていくものです。みなさん保険は掛けたままという方が多いのですが、損をしていることも多いです。他社との保険比較も含めて、現段階の生活の中でどのような保障が必要なのかを考え、しっかりと生命保険の見直しを行う必要があるのです。